在宅勤務の増加で需要が増加するビジネスチャットを導入する必要性や今後の展望を解説

在宅勤務の増加で需要が増加するビジネスチャットを導入する必要性や今後の展望を解説

現在、ビジネスチャットをコミュニケーションの手段として導入する企業が増えています。
ではなぜ今、ビジネスチャットが必要とされているのでしょうか?

本記事ではその疑問への解として、ビジネスチャットを導入する必要性を解説します。記事の後半ではビジネスチャットの今後の展望についても触れていますので、ぜひ最後までお読みください。

ビジネスチャットの必要性

LINEやSkypeなどの一般向けのチャットは広く使われていますが、ビジネスで使うにはセキュリティ面に不安がありますし、管理の面でも機能が不足していると感じることでしょう。

そこで必要とされるのがビジネスチャットです。コンシューマー向けチャットよりもセキュリティレベルが高く、社内・社外のチャットでのコミュニケーションをスムーズに行うための機能が備わっています。

電話やメールは基本的に1対1のコミュニケーションとなりますが、ビジネスチャットは複数人でのコミュニケーションが可能です。グループチャットなら相手を指定せずに複数人に対して一斉にメッセージを発信できるので、メールよりも手間がかかりません。

在宅勤務の増加で需要が高まるビジネスチャット

政府が掲げている「働き方改革」では、「柔軟な働き方がしやすい環境整備」として在宅勤務(在宅ワーク)がひとつの方法として挙げられています。在宅勤務によって場所や時間に縛られない働き方が可能になりますが、離れた場所で働く者同士の間で生じるコミュニケーションの問題を解決しなければなりません。

このように在宅勤務者が増加傾向にある現在、円滑にコミュニケーションをとる手段としてビジネスチャットの需要が高まっています。ビジネスチャットなら電話より気軽に相手にメッセージを送れますし、リアルタイムでやり取りできるのでメールよりもスムーズなコミュニケーションが可能です。

ビジネスチャットは情報共有にも活躍

ビジネスチャットは情報共有ツールとしても使えるため、コミュニケーション以外にもメリットがあります。ビジネスチャットを使って複数人で情報共有をし合えば生産性が向上することでしょう。

たとえば、ある仕事の効率的なやり方を知っている人がいれば、それを社内で共有した方が会社のためになります。抱えている課題があればグループチャットで複数人に質問することで解決方法が見つかるかもしれません。

また、自分に対するメッセージでなくとも、他の人同士のやり取りの中で有益な情報が得られることもあるでしょう。気になる情報があれば途中でチャットに参加して質問したり、間違いがあれば指摘したりできます。

メールでも情報共有は可能ですが、後で見返そうと思ってもどこに目的のメールがあるのか分からなくなることがありますし、グループでの情報共有には向いていません。

ビジネスチャットは取引先や関連企業とのやり取りも可能

ビジネスチャットは社内だけでなく、取引先や関連企業など社外とのやり取りも可能です。在宅フリーランスとのコミュニケーションの手段としてもビジネスチャットが活躍します。

これまで社外とのコミュニケーションの選択肢は電話かメールでしたが、ビジネスチャットが加わることでより柔軟なやり取りが可能になるでしょう。

電話だと相手の時間をとってしまいますが、ビジネスチャットでやり取りを行えばお互いの貴重な時間をとらずに済みます。重要な要件は電話で行うなど、電話とビジネスチャットとの使い分けが大事です。

ビジネスチャットの今後の展望

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社が実施した調査によると、大手企業のビジネスチャットツール導入率は3割にも達していません。SkypeやLINEを利用している企業も多いため、ビジネスチャットツールを導入している企業の方が少ないのが現状です。

ビジネスチャットの今後の展望としては、在宅勤務者の増加がカギとなります。上述したように在宅勤務の普及によってコミュニケーションの問題が発生するため、その解決手段としてビジネスチャットの導入を選択する企業が増えてくるでしょう。

言わばビジネスチャットは今の時代の働き方に必要なツールです。チャットボットでの問い合わせ対応も含め、チャットツールの需要が高まることが予想されます。

参考:大手企業のビジネスチャットツール導入実態調査を実施

おわりに

時代によって働き方が変化し、それに合わせてツールも進化していきます。
在宅勤務が増加している今の時代、ビジネスチャットの需要が高まっているのは必然と言えるでしょう。今後のビジネスチャットの展開は要注目です。

Comments are closed.