「+メッセージ」は従来のSMSとココが違う!携帯キャリア大手3社による新しいメッセージサービスの可能性

「+メッセージ」は従来のSMSとココが違う!携帯キャリア大手3社による新しいメッセージサービスの可能性

2018年5月9日、NTTドコモ・KDDI・ソフトバンクの3社は新しいメッセージングサービス「+メッセージ(プラスメッセージ)」の提供を開始しました。携帯大手キャリア3社が共同で提供するサービスとして注目を集めており、コミュニケーションアプリで覇権を握る「LINE」への対抗馬になるのではないかとも言われています。

本記事では「+メッセージ」の概要について分かりやすくまとめました。SMSとの違いは何か?果たして「LINE」の対抗馬になりうるのか?といった点にも言及しています。

携帯大手3キャリアが「+メッセージ」を発表


出典:+メッセージ(プラスメッセージ)- au

2018年4月10日、株式会社NTTドコモ、KDDI株式会社(au)、ソフトバンク株式会社の携帯大手キャリア3社は、新しいメッセージングサービス「+メッセージ」を発表しました。2018年5月9日よりAndroid版をリリース(iPhone・iPadは準備が整い次第)をし、Androidスマホで利用が可能となっています。

「+メッセージ」の機能は次項で詳しく解説しますが、SMS(ショートメッセージサービス)の機能を進化させた新しいメッセージサービスというのが本アプリの位置づけです。ドコモ、au、ソフトバンクのスマートフォン・タブレットのユーザーであれば無料(別途パケット通信料が必要)で利用できます。

「+メッセージ」の特徴・機能

「+メッセージ」は電話番号だけでメッセージの送信ができます。他社の携帯電話番号宛てでも送信が可能なので、相手がドコモ・au・ソフトバンクのどのキャリアであるかを気にする必要はありません。

「+メッセージ」が従来のSMSと異なるのは、他キャリア宛てのメッセージでも最大全角2,730文字までテキスト・絵文字が送信できる点です

SMSでは最大全角70文字(他キャリア宛の場合)なので、送信できる文字数が39倍になりました。

また、SMSでは写真・動画、音声メッセージ、グループメッセージ、地図情報を利用できませんでしたが、「+メッセージ」ではこれらの機能が利用できます。さらに専用スタンプの機能も実装されているので、従来のSMSよりも機能がかなり増えました。

連絡先一覧の機能にも対応しているので、相手も「+メッセージ」のユーザーであれば連絡先一覧に表示されます。ユーザーでなかった場合はメールかSMSで招待することが可能です。

「LINE」でお馴染みになっている既読・未読機能も備わっているので、相手がメッセージを読んだかどうかが分かります。既読・未読機能は設定でOFFにすることもできるので、不要であれば切っておけばおくとよいでしょう。

タイムラインやスタンプは以下のような形になります。SMSや「LINE」に慣れていれば違和感なく使えるでしょう。


出典:+メッセージ(プラスメッセージ) – ドコモ

「+メッセージ」は「LINE」の対抗馬となるか?

「+メッセージ」の強みは携帯大手キャリア3社が共同で提供しているという点です。他キャリアでも最大半角2,730文字のテキストメッセージのやり取りが可能になったので、これまで分割して送っていた長文メッセージが一度で送れるようになります。

写真・動画や地図情報の送信ができ、専用スタンプ機能が実装されたのも大きなポイントです。特に動画の送受信ができる点を魅力に感じる方は多いのではないでしょうか。

ただ、これらの機能は「LINE」にも実装されているため、目新しいというわけではありません。既に「LINE」で多くの人とつながっている状況であれば、わざわざ「+メッセージ」へ乗り換えるのは面倒に感じるでしょう。

「+メッセージ」が「LINE」に対抗できる点を挙げるとすれば、ビジネスへの活用にあります。「LINE」だと会社の上司や取引先と”友だち”になりづらいですが、キャリアの提供する「+メッセージ」なら仕事の関係でもつながりやすいのではないでしょうか。

仕事の資料として画像や動画を送ったり、待ち合わせ場所の位置情報を送ったり、従来のSMSではできなかったビジネスでの使い方ができることでしょう。「+メッセージ」は電話番号だけでメッセージを送れるので、相手も「+メッセージ」のユーザーであれば連絡手段のひとつとして活用できるのもポイントになります。

「LINE」は友だちとの連絡手段、「+メッセージ」は仕事の関係者との連絡手段と分けるのもひとつの使い方です。

おわりに

SMSの進化系である「+メッセージ」は今後に期待ができるサービスです。携帯大手キャリアが手を組んで提供しているのは大きな強みですし、「LINE」の代替とまではいかなくともビジネスでの利用が普及すれば棲み分けができるのではないでしょうか。

Comments are closed.