LINEショッピングを活用してECサイトの集客アップ!サービスの特徴や活用方法を解説

LINEショッピングを活用してECサイトの集客アップ!サービスの特徴や活用方法を解説

LINEショッピングはLINE上から商品を検索できる便利なサービスで、さらにLINEポイントが付与されるという非常に魅力的なシステムを採用しています。

ではLINEショッピングはどういう仕組みなっているのでしょうか?

本記事では、LINEショッピングの特徴を解説しながらECサイトの集客アップにつなげる方法をご紹介します。ECサイトの集客アップのひとつの施策として、ぜひ活用していただきたいです。

LINEショッピングとは?


出典:https://ec.line.me/

LINEショッピングは、2017年6月15日にLINE株式会社がサービス開始したショッピングサービスです。サービス開始から110日という短期間で会員数が1,000万人を越えました。

ネットショッピングでは後発となりますが、月次アクティブユーザー数が1億6,000万人(2018年9月時点)を超える「LINE」が運営するサービスだけに非常に注目されています。

LINEショッピングの特徴

LINEショッピングでは、ファッション・コスメ・雑貨・インテリア・家電・スポーツなど700万点以上の商品を、「LINE」アプリから検索・閲覧できます。楽天市場やヤフーショッピングで扱っている商品の検索も可能で、対応しているネットショップは240を超えます。

LINEショッピングの最大の特徴と言えるのが「ポイント還元」です。

LINEショッピングでは販売元サイトに移行して商品を購入する仕組みになっています。通常なら販売元サイトのポイントしか入手できませんが、LINEショッピングを通して購入するとLINEポイントが追加で還元されます。

つまり、LINEショッピングを通して商品を検索・購入すると、販売元サイトのポイントとLINEポイントの両方が付与されるのです。LINE ポイントの還元率(1〜20%)はショップによって異なりますが、販売元サイトに直接アクセスして購入するよりも、LINEショッピングで検索してから購入したほうがLINEポイントをもらえるぶん得します。

「ショートカットアイコン」もLINEショッピングの特徴です。

「ショートカットアイコン」はスマホのホーム画面からお気に入りのサイトに直接アクセスできる機能で、タップするとLINEショッピングを経由して販売元サイトに移行します。この機能を活用すれば、ユーザーはわざわざLINEショッピングで検索せずとも直接お気に入りの販売元サイトで商品を探すことができ、さらにLINEポイントもゲットできるというわけです。

LINEショッピングを集客に活用

LINEショッピングではポイント還元を活用して集客につなげます。上述したように、LINEショッピングでは販売元サイトのポイントに加え、LINEポイントが付与されるので、そのシステムを顧客へのメリットとして集客に活用するというわけです。

LINEショッピングは2017年6月15日にスタートしたばかりの新しいサービスなので知らない方も多いと思いますが、利用者が増えて知名度が上がれば登録ECサイトの集客増が期待できるでしょう。

また、LINEショッピングに登録することで集客手段がひとつ増えるのもメリットです。「LINE」という有名なアプリが提供しているサービスだけに露出機会増加による集客UPも期待できます。

さらに「ショートカットアイコン」を活用してもらうことで集客につながり、固定客の獲得も狙えます。LINEショッピングによると約4割のユーザーがショートカットアイコンを活用しているそうなので、利用率は高いと言えるでしょう。

おわりに

LINEショッピングの活用はECサイトの集客増に有効な手段です。自社ECサイトでポイント率アップをするのが難しいのであれば、LINEポイントの付与という形でユーザーに還元し、集客につなげるという施策を考えてみてはどうでしょう。

まだ利用されていないECサイトは多いと思いますがメリットの大きいサービスなので、本記事を読んで興味を持たれたのであれば登録を検討してみてください。

Comments are closed.